OB・OG 紹介

料理の世界で夢を叶えた先輩たち。

愛調を卒業した多くの先輩が、料理の世界で活躍しています。
そんな先輩たちからこれから調理師をめざすみなさんにメッセージが届きました。
きいきと働く彼らの言葉は、夢を叶えようとしているあなたへのエールです。

西洋料理コース

PHOTO
私の思う美味しい一皿をカタチにしていきたい!
「ホテルナゴヤキャッスル」 名古屋市西区
熊谷 恵実〈2013年卒/下伊那農業高校出身〉

鉄板焼きコーナーで調理、盛付、サービスをしています。お客様の目の前ですべてを行うので、調理だけでなく接客の要素も多く、常に緊張感を持って仕事をしています。「美味しかった!」「楽しかった!」の言葉をいただくと、ガッツポーズがでるくらいやりがいを感じます。

PHOTO
調理と食材の奥深さに、日々新しい発見があります。
「名古屋観光ホテル(エスコフィエ)」 名古屋市中区
井之口 将也〈2014年卒/春日井商業高校出身〉

調理全般とメニュー作成、後輩の育成を任せられています。旬の食材を活かすにはどう調理すれば良いのかと考える日々ですが、常に新しい発見があり楽しくやりがいを感じます。追求すればするほど奥が深いので、さらに知識と技術を身につけて頑張ります。

PHOTO
目標達成のために何をすべきかを考えがんばろう!
「ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋」
名古屋市中区
伊藤 樹〈2015年卒/久居高校出身〉

珍しい食材や高級食材に触れる機会も多く、処理法や調理法を勉強できるので興味深くやりがいがあります。在庫管理や発注など調理以外の仕事も大変ですが、学生時代に現場実習を体験したことがすごく役に立っています。いつかはホテルの総料理長になることが目標です。

日本料理コース

PHOTO
あいさつや返事、その大切さを日々意識して成長したい。
「京都𠮷兆名古屋店」 名古屋市中村区
桜本 直樹〈2017年卒/瀬戸高校出身〉

あいさつや返事など、当たり前のことがいかに大切かを痛感する日々です。今はまだ先輩方のもとでさまざまな業務を経験しながら下積みをしている段階ですが、どんなに小さなことでも褒めていただいた時や、自分の成長を感じた瞬間にやりがいを感じます。

PHOTO
日本の四季を感じられる心に響く美しい料理を作りたい。
「名古屋観光ホテル(呉竹)」 名古屋市中区
安藤 慶和〈2018年卒/名古屋国際高校出身〉

日本料理がもつ繊細さや美しさへの憧れがこの道に進むきっかけでした。また料理を引き立てる器や草花、和食独特の奥深さにも魅力を感じました。現在は店での経験を積みながら、いつか自分も、食べる人の心を動かすことができるよう、日々調理技術の向上に努めています。

PHOTO
将来は海外で自分の店を持ち、和食の文化をもっと広めたい!
「日本料理 大森」 名古屋市中区
武藤 悠太〈2018年卒/各務原高校出身〉

四季折々の食材に触れ、日本料理のよさを身を持って学びながら、仕込みや盛り込みなどを担当しています。いつかは海外にお店を出し、和食をもっと世界に広めていきたいと思っています。やる気次第で可能性は広がる仕事なので、自分の夢の実現に向けて頑張ってください!

中国料理コース

PHOTO
「美味しい」という言葉に、一番のやりがいを感じます。
「南国酒家 名古屋店」 名古屋市中区
河野 修作〈2014年卒/鳴海高校出身〉

学生時代、中華ならではの道具や調味料を学ぶことができ、それが就職してからとても役立っています。限られた時間のなかでオーダーをこなし仕込みもやっていくのは大変ですが、お客様の「美味しい」を励みに日々頑張っています。いつかは自分の店を持つことが私の夢です。

PHOTO
「楽しんで料理すること」が大切だと思います!
「東天紅」 名古屋市中村区
伊藤 峻太〈2018年卒/四日市農芸高校出身〉

中国料理レストランで揚場の担当をしています。常に頭の中で次にする仕事のことを考えながら、お客様に美味しく召し上がっていただくことを想像し、楽しんでひとつひとつ作業することを心がけています。将来は自分の店を持ち、食べた人が幸せになる料理を作っていきたいです。

PHOTO
あきらめず挑戦し続けることが将来につながる。
「スーツァンレストラン陳 名古屋店」 名古屋市中村区
須崎 創一朗〈2018年卒/四日市農芸高校出身〉

調理師の世界はかなり厳しいですが、あきらめずに続ければきっと出来るようになります。新しい料理や調理法などを覚えたりするのはすごく楽しく、まかないを先輩にほめられたりすると嬉しくやりがいを感じます。将来は地元に自分の店を出すことを目標に頑張っています。

カフェスイーツコース

PHOTO
念願だった開業を実現姉妹2人で奮闘しています。
「洋食とおやつ a merci」 名古屋市中区
春名 亜優・麻優〈2012年卒/東濃実業高校出身〉

いつか自分たちのお店を出したいという夢を名古屋・栄で実現させることができました。来店いただくお客様への感謝の気持ちと、2人の頭文字をかけて、店名は『a merci』と名付けました。本格的な洋食も、かわいいスイーツもどちらもご満足いただけるよう日々奮闘中です。

PHOTO
目の前のお客様の笑顔にやりがいを感じます。
「ノエル・ド・ティオ」 愛知県小牧市
小川 真也〈2015年卒/誠信高校出身〉

カフェで接客、調理、盛り付けなどを担当しています。オープンキッチンなので、目の前で直接お客様の笑顔を見られることにやりがいを感じます。次々と仕事があるので作業効率をあげることに苦労しながらも、いつかは自分のお店を持つことを目標に楽しく働いています。

PHOTO
お客様の笑顔は調理師へのご褒美です。
「カフェ タナカ 本店」 名古屋市北区
中村 勇介〈2017年卒/加茂高校出身〉

パティスリーの喫茶での接客や、キッチンでの調理を担当しています。専門コースでは、それぞれのプロフェッショナルから専門的な技術や用語などを直接学ぶことができ、トップクラスの厨房施設で体験したことは、必ず現場で役に立ち、即戦力になっていけると思います。

体験入学のお申し込み

資料請求