コース紹介

日本料理コース

PHOTO
旬味三彩
松花堂弁当
菊花椀
四季おりおりの旬をとらえ伝統的調理技術と感性を習得する。

季節感を大切にする日本料理では、食材だけではなく器やあしらい、草花などを用いて季節を美しく表現します。それには学校で習う茶道や華道などの知識技術も必要となります。学校で学ぶ色々な事を料理に活かした実習を行っています。実習では他に基本的な飾り切りから、フグやスッポンなどの高級食材を使った専門技術を身につける授業も行います。

---
大倉 豪輝さん

大倉 豪輝さん

STUDENT'S VOICE 料理は作り手の心を映し出す鏡のようなものだと思います。

実習では日本料理の技術を一からきめ細かく指導していただいています。繊細な味を表現する日本料理では、技術だけでなく、調理に向かう調理師の姿勢がとても大切にされます。それに気づかされたのは包丁研ぎの授業でした。きちんと手入れされた包丁とそうでない包丁では、確実に料理の味に差が出ます。料理は作り手の心を映し出す鏡のような存在なのです。卒業後は日本料理店で働き、お客様に対して誰よりも気配りができると言われる調理師をめざしたいと思います。

---
TEACHER'S VOICE 世界から注目される日本料理。その魅力を作り出すのは調理師の技術と感性。努力と挑戦を続けよう。

名古屋の名店 延楽、灘屋を経て、名古屋なだ万では副料理長、
料亭稲本では料理長を務める。2015年より現職。

日本料理主任鈴木田 浩

日本料理主任 鈴木田 浩
コース紹介TOP 西洋料理コース 中国料理コース カフェスイーツコース

体験入学のお申し込み

資料請求